効率的に女性ホルモンを増やす方法|必要な栄養素を摂取して健康生活

このエントリーをはてなブックマークに追加

長期の疲労蓄積による症状

目頭を押さえる男性

眼精疲労は、放置して重度な状態になってしまうと良くなる迄に時間が掛かってしまいます。目へのストレスを低減して、蓄積させない事が眼精疲労の予防、解消には非常に重要な要素となりますので、こまめな休憩やストレッチを実施する事をお薦めします。

女性らしさは食べ物から

ドラッグ

食べる女性ホルモン

毎日の生活に取り入れやすい、女性ホルモンを増やす方法とは、食べ物から摂取することです。大豆や大豆製品に含まれる、大豆イソフラボンという成分は体内において女性ホルモンのエストロゲンと似通っており、その働きを担うことが出来るのです。不足する分を体外から摂取することで、女性ホルモンを増やす方法になり得ます。大豆製品は豆腐や厚揚げ、豆乳など身近で手に入りやすいのもおすすめポイントです。ただし、注意したいのが過剰摂取の問題です。大豆イソフラボンを過剰摂取すると、月経不順を引き起こしたり乳がん発症や再発のリスクを高めたりと、からだへの悪影響についても報告されています。大量に摂取すれば良いというわけでないことを肝に命じた上で、大豆や大豆製品を食べるようにすべきです。

大豆製品のレシピ

女性ホルモンを増やす方法として最も手軽なのは、大豆製品を美味しく食べることです。豆乳や納豆といった大豆製品は、加熱をせずそのまま食べることが出来、手軽で便利です。また、豆乳は煮込んで鍋やスープにして食べると大豆イソフラボンの摂取だけでなく、からだを温める効果もあり女性ホルモンを増やす方法としては効果的であるといえます。大豆製品は味噌やしょう油といった日本古来の調味料にもあり、和食には欠かせないものです。また、味噌やしょう油を洋食や中華料理に隠し味的に使うことでコクや旨みが生まれ、美味しさを倍増させることもできます。大豆製品を美味しく食べることで、女性ホルモンを増やせればまさに一石二鳥といえます。

抗菌作用に注目

はちみつ

プロポリスは蜜蜂が蜂の巣を雑菌から守るために作り出した成分です。原液はヨーグルトなどに混ぜて食べるだけでなくスプレーに使うなど様々な目的に使いやすいのでおすすめです。空気が乾燥する冬場には欠かせない存在となるでしょう。

安全性を意識しつつ健康に

サプリ

DHAは視力低下防止や、サラサラの血液にする効果以外にも色々なメリットがあります。認知症予防やアレルギーを抑えることもできるのです。サプリメントで摂取する場合は、材料の魚にこだわったものにすると安全性が高くなります。

Recommended